少しでも気になるなら婚約者素行調査はしておきましょう

気になっているなら

結婚は人生の一大事ですから、探偵や興信所を使用して婚約者の素行調査をする方が増加しているのも当然のことです。 だから長く生活を共にする人生のパートナーを決める時には慎重になるものです。 これは息子や娘さん、または自分の家を継ぐ長男などの際はより軽率な行動は出来ません。 恋愛からの場合は、お互いが惹かれあって交際をした末にゴールインをするのです。
それでも男性でも女性でも恋愛時代と同棲してからでは変わるということもあり得ます。
交際期間はあっている間だけ、素行調査によって自分を盛って、そこで更によく見せられるようにふるまうことができますが、しかし入籍をするとずっと一緒にいることになるので、婚約者のいいところも悪い所もお互いに知ることになります。 そして、ここでは婚約者に知られて後悔する事になる可能性もあります

大人や高校生が身長を伸ばす方法

探偵に婚約者素行調査を依頼する一般人が増加

一般社会にも浸透

そして結婚生活も長くなると恋愛感情は薄れ、家族としての愛情に変わっていきます。
素行調査も恋愛感情が薄れる分、もしよくない部分を知った時には、その後の人生を共にすることが難しくなることもあります。
男性なら浮気性ではないか、浪費家ではないか、酒癖が悪くないか、交友関係はどうか、会社や近所での評判はどうかなど、女性の場合でも職場や近所での評判、交友関係、、暴言をはいたり、浮気性であったりしないかなどのことが結婚してからわかると結婚生活の持続が難しくなってしまい離婚に発展することもあるのです。 また本人には特に不満がなくても相手の親や兄弟などの身内に不満を持つこともあります。 身内の中に過去に重い犯罪を犯している人がいたり、多額の借金を抱えていたりするなどのことがその後に発覚すると、それもまた離婚に発展することもあるかもしれません。 だから恋愛や同棲からといえども婚約者が本当はどのような人で、恋人の身内もどのような人かを事前チェックしてに知っておくことも、上手に離婚を防ぐ一つの手です。 そこで探偵に依頼をして、信用しているパートナーの素行調や身元の確認を行うことがあります。 昔は籍を入れて結婚する本人より、親たちがこのような素行や身元を探偵や興信所に依頼することが、実はよく行われていました。 最近では本人が依頼することも多くなっていますので、これは特に女性からの依頼が圧倒的に多く、相手のことをよく知ったうえで入籍をしたいという気持ちがあるようです。 嫁入りする立場の女性からは婚約者の親の素行調査を依頼する人もいます。 見合いが多かった昭和の時代もこのようなチェックが行われていました。 その時は仲人がいてお互いの家庭のことを少しは分かっていても重要視されています。 実際に相手の家の長男に嫁に入るとなると詳しく知っておきたいというのが親心だったのでしょう。 現在は恋愛からが多いですが、出会いがないという人も多く、こうして企画されたお見合いパーティに申し込んだりして相手を探すという人も多いです。 そんなときにいくら気が合って付き合うことになっても、いざ決断となると相手の素性や身内のことをよく知らないままでゴールインをすることに不安を抱く人も多いでしょう。

男性からの婚約者の素行調査の依頼も多い


安心して結婚するために婚約者素行調査をする

親からの依頼

最近では婚約者の個人情報やプライバシーの問題でプロも尾行をしたり近所の人に聞き込みをすることはなかなかしにくくなってきました。 それでも相手もことを良く知らずに結婚をすることへの不安を解消するための依頼する人もいるのです。 しかし素行調査をしてもらった結果、特に何も問題がなければ安心してゴールインをすることができます。
反面、もし何か重大な問題があれば、覚悟を決めて入籍をするか、婚約を解消することもできるのです。
探偵はプロなので、相手に知られることなく上手に素行調査をしてもらえます。 最近では尾行や聞き込みなどしにくい点もありますが、様々なデータを取って調査をすることができます。 探偵事務所に依頼する際には、良い事務所を選ぶことは重要なことです。 ではどのようにしてよい事務所を選べばいいのでしょうか。 まずは婚約者にばれないように問い合わせをしてみます。 はじめの問い合わせについては無料なので、どの探偵事務所に頼めばいいかわからない時にも複数の事務所に問い合わせをしてみることが大切です。 費用は相場より安いからいいというものではないのです。 かといって高い費用を支払うから質の高いチェックをしてもらえるとは限らないのが探偵事務所でありがちなのです。 「事務所の規模が大きい」「対応してくれたスタッフが親切だった」「自信満々の対応だった」などという理由で決めてしまうことが多いのですが、口が上手で親切に対応してもらえるのは営業では当然のことです。 また規模が大きい事務所だからといって必ず良い素行調査をしてもらえるとも限りません。 実は依頼者にとってメリットがあるのは、「機材や専門員のレベルが高く、適正な料金で嘘をつかず、誠実にこれを行ってくれる」ことです。 どのような機材を使用してどのような内容をするかなどの」詳しい内容をきちんと聞ける事務所が良いということです。 高い料金を支払って中途半端な終わるのでは何の意味もありません。 だから事務所選びは慎重にします。 そして婚約者のチェックが始まればこまめに報告をしてくれるところがいい事務所ともいえます。

決して悪いことではない婚約者素行調査


相手にばれないように探偵を使って婚約者素行調査

個人で行うのは不可能

このようにしてきちんと素行調査を行ってもらい安心して選択することで婚約者との離婚のリスクを減らすことが興信所でできます。 実際には、若い年齢で夢しか描いていなくて、相手のことがとても好きで入籍をするというときには、周囲がそれを勧めても本人はこのような行動を行おうとも考えません。 しかし結婚して現実の生活になってくると、もっと早く知っておけばよかったと思うことも多々あるのです。
それで揉めて離婚になってしまうということが最近は特に多いのです。
特に若いうちの恋愛中は相手のいいところしか見えないものです。 相手の探偵によるチェックまではしないとしても、結婚前には冷静に相手を見ることも大切なのです。 そして決断は本人同士だけの問題ではありません。 お互いの家族た親戚などもかかわってくるのです。 結婚してからもそれ程問題になるようなことがなければいいのですが、本人同士が良くても、多額の借金を背負った親戚がお金を借りに来るということもないとは限らないし、姑の近所での評判が悪いために嫁の自分までもがあまりよく思われないということも後になって気づくこともあるのです。 選択をしてからそれらのことを知っても我慢するか離婚に発展するかしかないのです。 その前に素行調査を行うことによって、また自分が相手のことを冷静に見ることによって、その後の覚悟や安心感が違ってくるのです。 だから少しでも不安材料があるときには、できればチェックを行うか、婚約者も冷静になって相手を見つめてみるということは大切なことです。

婚約者の素行調査で気持ちのもやもやを解消する


不安や蟠りを軽減するために婚約者素行調査

ストレスや不安を解消する

昨今では結婚前のカップルも婚約者の興信所でも素行調査を行うケースが増えてきています。 離婚率の上昇も影響があるのかもしれませんね。 また、流行りの「婚活」でのお見合いパーティー知り合ったカップルですと、交際期間が短い方達がほとんどですので、チェックを依頼する方がいます。
本人からの依頼ではなく、そのご家族から内密で依頼があるケースもあります。
パートナーや相手を第三者の目で冷静に見た報告を得ることは、相手を信頼し安心して新婚の生活を送るために有効なのです。 本人では気づかない些細なことが、第三者には分かることはたくさんあるものです。 それは本人からの調査依頼はなかなかできませんから、ご家族からの正式な依頼はとても有効だと言えます。 できれば幸せな暮らしや生活を送りたいと願うのは当然のことですから、少しでもリスクを回避し、不安要素を取り除いた状態で結婚に望みたいと思うのは、誰にでもある感情と言えるのではないでしょうか。 素行調査を依頼するに至った事情は様々でしょうが、主なものは「借金があるかどうか」、「交友関係はどのようなものか」、「異性の友達は多いのか」などなどです。 やはり探偵で多いのは異性関係の依頼です。 恋人の交友関係を全て把握している人はそう多くありません。 それでも特に問題はないとしても、婚約者の行動に違和感を感じるようになってくると、その交友関係がとても気になってくるものですよね。 「もしかして浮気をしているのではないか」と、1人で思い悩むのはつても辛いことです。 いきなり相手を責めるわけにもいきませんし、かといって信じることも不可能になってしまうのは、非常に苦しい状況ですよね。

あくまで選択肢の一つで絶対ではありません


婚約者素行調査が別れのきっかけになる可能性もある

真実を知りたい

このように1人で思い悩む人というのは、婚約者のことを考えている大抵が心優しい人です。
ですから、次第に相手を疑う自分に対して嫌悪感を抱くようになってしまうのです。
それがストレスになってしまい、もうどうしたら良いのか分からない状態に陥ってしまうのです。 探偵に依頼に来る方のほとんどが、そのような精神状態で訪れるのです。 真実が何なのか分からない、真っ暗闇から抜け出すためにも、素行調査は必要と言えます。 浮気の証拠を確実に得るためでなく、そういった精神状態から抜け出すためにも、とても意義のあるものと言えます。 次に多いのが隠れた借金関係です。 恋人同士の時は、お互いの良いところしか見えないものです。 今までは気前の良かった婚約者も、いざ結婚してみたら金遣いが荒かったり、巨額の借金を抱えていた・・なんて話は実際にたくさんあるのです。 自営業を営む父親の会社が倒産寸前であるとか、友人の保証人になっているとか、ギャンブル依存症であるなどです。 そういった事実を隠して入籍する人は、残念ながらたくさんいるのです。 いくら愛情があっても、金銭感覚のズレというのは修復しがたいものです。 新婚生活のスタートからいきなりつまずきたくはないですよね。 ゴールインが決まった時点でお互いの資産状況を知らせ合うということが大事なのですが、意外とそれができていないカップルが多いのではないでしょうか。 思い描いていた家族像にも影響してきますから、しっかり興信所で素行調査することをおすすめします。

素行調査に失敗してしまうと婚約者とトラブルになることも


このページの先頭へ